2017年03月14日

うっかり請求しないと消えてしまう、恐ろしい60歳から64歳まで受け取る年金

年金が65歳から支給に変わった!ケシカラン!!
だけど「俺は逃げ切れる、60歳から支給さえるのだ」「俺は61歳から」「あたしは62歳から」「しかし引き続き会社勤めだから年金受け取りは遅らせるのさ、きっと70歳になってから。その方が増えるんだもん」
このようなお考えの方いませんか?

念のため年金事務所に年金の受け取り手続きを確認したら・・・
トンデモナイ勘違いをしていることが分かりました!!!

60歳から64歳までは、現在アラ還世代しか受け取れない「特別支給の老齢厚生年金」という、ありがたい年金があります。
この年金を受け取るための申請手続きをせずにいると、受け取れるハズの虎の子の「特別支給の老齢厚生年金」は時効と共に消えて無くなることを知りました!

60歳から64歳までの「特別支給の老齢厚生年金」は、65歳以降に受け取る老齢年金とはまったくの「別もの」と持った方がいいみたいです。

何が別ものなのか・・・
1.繰り下げても増えない
65歳から受け取れる老齢年金部分は繰り下げたら受取額が割増されます。だけど「特別支給の老齢厚生年金」は繰り下げ受給したとしても割増されません。

2.65歳以降に受け取る年金に巻き込んで受給できない
「特別支給の老齢厚生年金」は独立して支給を受けることになります。

3.支給の申請をせずに放置すると、5年以上前の支給部分は時効で受け取れない
たとえば70歳から年金を受け取る場合、申請せずにいるとすべての「特別支給の老齢厚生年金」は5年間の時効成立で、消えてしまう運命になります。

上述については、社会保険労務士が管理人をされているサイトでもこのように説明されています。
↓↓↓


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお役立ち | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

年金受給者も、年間20万円まで所得税申告免除だったよ!

てっきりサラリーマンだけが「年間20万円までの雑所得は所得税申告しなくてもよい」のかと思っていたら、公的年金を受け取っている人達も、同様だった!

サラリーマン(給与所得者)は、「年間20万円までの雑所得は所得税申告しなくてもよい」は一般的によく知られていまして、副業などをしている人や、株やFXで稼いでいる人は、そういう儲けが年間20万円以下なら確定申告しなくてもよい!という便利な制度があります。
↓↓↓
国税庁の上述に関する説明へのリンク

「サラリーマンはいいよなぁ・・・」でもなく、サラリーマンOBも、年金を受け取る年齢になったら、株やFXで稼いでも、ネットビジネスで稼いでも、その年間収入が(正確には経費を差し引いた所得ですが収入と思った方がいい。雑所得に適用できる経費はごく少ない)20万円までなら、サラリーマン同様に、それをわざわざ確定申告しなくてもいい、ということを知りました(年金受取額年間400万円まで)、ので記事にして世間に晒すことにしました。
↓↓↓
国税庁の公的年金等の課税関係の説明へのリンク
上記リンク先の「申告手続」の項に書いてあります。

だけど、申告しなくてもいいのは「所得税申告」で、住民税は払う必要があるということです。どうも勘違いしている人が多くいるらしく、住民税の申告に行かないことが多いみたい。これはいかがなものでしょう・・・。。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いつでも使える「お役立ち」 | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

副業解禁で諸手を上げて喜ぶ前のリスク管理

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。という趣旨の記事がありました。(2016年12月26日付日経電子版)

時事通信も同様な記事を配信しています。

近い将来、社員の副業や兼業は社内の「就業規則」という重い重圧から解放され、きっと「社業に影響ない範囲において・・・」などの曖昧な条件付で規制緩和が進むと思われます。全ての企業でもなく、おそらく2割程度の企業ではそのような副業禁止規則が緩和され、誰でも“やろうと思えば”副業がOKになる。そういう時代が既に始まっていると見て良さそうです。

ただ「これから自由に副業ができる」と諸手を上げて喜ぶにはまだ50年早いと、私は見ています。私の場合は元々副業禁止規則を持たない外資系企業で副業をしながら本業もしていましたが「思わぬ落とし穴」に気づきました。

その落とし穴は・・・
副業していない他の日本人社員の「妬み」です。
副業OKの会社であっても副業する人は少数派です。少数派に見えるのかもしれません。多くの社員は会社の仕事だけに精を出す、というかそもそも副業するにしても何をどうやってやればいいやら分からない「副業する能力の無い人」が大半。そういう彼らが我慢できないのは、副業で成果を出しつつある、同じ日本人の同僚の存在が癪触ることになるのは容易に想像できるでしょう。

彼らが副業する同僚にぶつける「妬み」の手法は、自分は忙しく働いているのにアイツは副業できるほど余裕があることを同僚に上司にふれ回る、です。特に上司にすり寄ってそんなデマを吹きかけられると、次の業務担当者を決めるとき、過度なタスクを振り当てられる可能性が高くなります。これが「副業する能力の無い人」による報復です。

実際にこれは私に起きた災難ですから、注意しましょう。
どのように注意するか?
副業OKであっても、副業をやっていることを社内の誰にも軽々しく漏らしてはいけません。これは鉄則です!!
タグ:副業解禁

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いつでも使える「お役立ち」 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN