2017年03月14日

うっかり請求しないと消えてしまう、恐ろしい60歳から64歳まで受け取る年金

年金が65歳から支給に変わった!ケシカラン!!
だけど「俺は逃げ切れる、60歳から支給さえるのだ」「俺は61歳から」「あたしは62歳から」「しかし引き続き会社勤めだから年金受け取りは遅らせるのさ、きっと70歳になってから。その方が増えるんだもん」
このようなお考えの方いませんか?

念のため年金事務所に年金の受け取り手続きを確認したら・・・
トンデモナイ勘違いをしていることが分かりました!!!

60歳から64歳までは、現在アラ還世代しか受け取れない「特別支給の老齢厚生年金」という、ありがたい年金があります。
この年金を受け取るための申請手続きをせずにいると、受け取れるハズの虎の子の「特別支給の老齢厚生年金」は時効と共に消えて無くなることを知りました!

60歳から64歳までの「特別支給の老齢厚生年金」は、65歳以降に受け取る老齢年金とはまったくの「別もの」と持った方がいいみたいです。

何が別ものなのか・・・
1.繰り下げても増えない
65歳から受け取れる老齢年金部分は繰り下げたら受取額が割増されます。だけど「特別支給の老齢厚生年金」は繰り下げ受給したとしても割増されません。

2.65歳以降に受け取る年金に巻き込んで受給できない
「特別支給の老齢厚生年金」は独立して支給を受けることになります。

3.支給の申請をせずに放置すると、5年以上前の支給部分は時効で受け取れない
たとえば70歳から年金を受け取る場合、申請せずにいるとすべての「特別支給の老齢厚生年金」は5年間の時効成立で、消えてしまう運命になります。

上述については、社会保険労務士が管理人をされているサイトでもこのように説明されています。
↓↓↓




スポンサーズリンク


posted by 大庭夏男 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお役立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447901958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) 〜リタイヤ志願者がするシミュレーションとは〜

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) 〜いくらあったらリタイヤできる?〜

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN