2016年10月27日

64歳11カ月で辞めることが得策な理由

一般には、失業給付と年金は両方同時に受け取れないですが、65歳以降では失業給付は「高年齢求職者給付金」と名称を変え、しかも年金と併給可能になります。

ところが、高年齢求職者給付金は失業給付より低額になってしまい、受け取る人にとっては不利になります。

しかし下記リンク先記事の最終ページ(4ページめ)には、65歳11か月目で退職することにより、高年齢求職者給付金ではなく失業給付を受け取りながら年金も支給されるから、ここが退職の絶妙なタイミングだと記されています。
↓↓↓
会社をやめる絶妙なタイミング(読売オンライン)の記事へのリンク

ただ、退職金が65歳退職と64歳11か月退職で違いがあれば、どちらが得か、よく調べなければなりませんよ。

タグ:65歳退職

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職直前の「お役立ち」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN