2016年07月20日

会社リタイア後の健康保険は3つの中から

以前、リタイア後の健康保険をどうすべきか?いくつか記事にしました。
ネット記事に「会社リタイア後の健康保険」を3選くらべてまとめたものがありましたので、以下にリンクを記載します。
↓↓↓
あるじゃんマネー「失業時の健康保険、3つの選択肢」へのリンク

もし許されるなら・・・
リタイア直後は家族の被扶養者になり(つまり会社に勤めている家族が加入している健保組合の保険に「被扶養者」として加入する)、前年の所得がゼロになったら(リタイアしたら年金受け取るまでは基本的に所得ゼロに)国民健康保険に加入する、が一番オススメ。

ずっと家族の被扶養者ならお金かからないメリットありますが、家族は「わたしが辞めたら親の健康保険も無くなってしまう」と辞めるに辞められなくなるから、あんまりオンブに抱っこもねぇ。。。

ちなみに「前年の所得がゼロ」なら、国民健康保険の保険料は年間3万円程度でした。だけど退職後2年間は前年所得があるので国民健康保険の保険料は年間最大で80万円ぐらいかかることがあります!
この期間を他の手段で何とか節約考えたいものです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職直前の「お役立ち」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN