2013年08月28日

軽自動車の自動車税優遇という制度はどうなる?

年金支給開始が68歳になるとか、いや70歳かもしれない・・・とリタイヤメントを志す人には家計が心配な世の中、家計節約に寄与するかもしれない!?と普通車から軽自動車に乗り換える人が少なくないらしい。かく言う私も2000ccのミニバンから軽自動車に先月乗り換えを果たしました。

確かに“今”の軽自動車は安上がりです。
軽自動車は燃費、車検の整備費、自動車保険料、高速道路代も普通車に比べて優れていますが、とりわけ優れているのは軽自動車は、自動車税がすごく安いこと。

正確には軽自動車は「軽自動車税」と言って、普通車の「自動車税」とは別モノです。なので例えば4月2日以降に普通車を購入した場合、その年度に月割で自動車税がかかりますが、軽自動車の場合は初年度はかかりません。税額も“2013年現在の今は”格段に安く、下のグラフの一番左側にあるように、軽自動車のすぐ上の通称リッターカーに比べて年間22300円も安上がりです(乗用車の場合)。
keitax01.JPG

軽自動車は低燃費という面もありますが、リッターカーの燃費と軽自動車の燃費を比べると実際は殆ど差が無いので、軽自動車が家計節約において優れている点は「自動車税が安い」ことが大きく効いていることは間違いないでしょう。
しかし2000ccの車では、年間1万キロを走行する場合を想定して普通車と軽自動車で経費を比較すると、軽自動車は年間約15万円の家計節約効果がありました(説明記事:http://oniwasblog.seesaa.net/article/369136468.html?1377663769

その“軽自動車の自動車税優遇という制度”が下記ニュースにあるように揺れています。
↓↓↓
http://mainichi.jp/select/news/20130828k0000m020089000c.html (毎日jp)
http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/22/k_car_n_3801838.html (ハフィントンポスト)


今後どう展開するか分かりませんが、事が自動車取得税廃止の穴埋め財源という、いかにも総務省のモリベーションが上がるような取り組みであり、かつTPP絡みでもあるようなので「近い将来に軽自動車税は上がる」と読んでおくのが良いのではないかと思います。
ではどうするか?

1.今のうちに軽自動車に乗り換えておく
軽自動車税が上がるとしても、ワンランク上のリッターカーより高くなるわけがありません。なので将来も“一番税金の安い車が今の軽自動車”となるわけですから、乗り換えて損することはありません。さらに「すぐに軽自動車税がリッターカー並みに高くなる」ということも自動車業界や消費者団体の反発で実際上考えられないと思いますから「今後1年か数年かは分からないが現状のまま」「その後に段階を踏んで上がる」と見られるでしょう。だとすると早く軽自動車に乗り換えておく方が、成り行きを見守るより家計節約できます。

2.可能なら4ナンバーの軽自動車に乗り換える
家庭用貨物自動車、いわゆる4ナンバーの車は自動車税が安いです。まあトラックはデイリーユースの自家用車として買い難いですが、バンなら見た目も乗用車そっくりで、装備に拘らなければ自家用車として十分かもしれません。しかし4ナンバーの問題は2回目以降は毎年車検を受けなければなりません。このためユーザー車検しない人は車検整備費や代行手数料が毎年かかるため家計節約にはなりません。
ですが、軽自動車の4ナンバーは2年車検です。
もし仮に、軽自動車がリッターカー並みの税金になったと仮定したら、軽4ナンバーのワンランク上のリッターカー4ナンバーの自動車税は13200円!!(現在の軽4ナンバーはナント4000円)この自動車税であれば家計に優しいと言えるでしょう。

それに、税制が変わっても車検制度まで変更するという話は無く、車検制度自体も緩和の方向だから、軽自動車4ナンバーはこの先も2年車検が続くと予想できます。

残念ながら現在の軽自動車4ナンバーのラインナップは「働く車」に特化してしまっています。なのであまりオシャレな車がありません。でももしかして今後に軽自動車税の引き上げが押し切られてしまったら・・・おそらく自動車メーカー各社は軽4ナンバーで乗用車並み装備の車を発売すると???思いますから、虎視眈々とそういうお得な車を狙って買うのがいいのではないでしょうか。

-------------【続報】-------------
軽自動車税は2015年4月から増額になります。
その記載は以下で詳しく見られます。
↓↓↓
http://consumption-tax.biz/entry31.html

ここでは個人の財布に影響することをかいつまんで・・・
1.増税された額を実際に払うのは2016年4月以降です
軽自動車税は2015年4月新車登録以降ですが、登録初年度は支払がありません。ここがふつうの自動車税と違うポイント

2.増税するのは「新車」だけ
中古車を買っても基本的に増税されませんが、13年も過ぎた古い車は上記増税とは別の増税を食らいます。

3.貨物車は増税されても税金が「お得感満載!」
自家用貨物車(軽トラや軽のバン)はなんと年間5千円!
走ればいい!とお考えの方々はいっぺん貨物車(俗に言う4ナンバー)をお考えになってみては?

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のお役立ち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN