2016年07月20日

会社リタイア後の健康保険は3つの中から

以前、リタイア後の健康保険をどうすべきか?いくつか記事にしました。
ネット記事に「会社リタイア後の健康保険」を3選くらべてまとめたものがありましたので、以下にリンクを記載します。
↓↓↓
あるじゃんマネー「失業時の健康保険、3つの選択肢」へのリンク

もし許されるなら・・・
リタイア直後は家族の被扶養者になり(つまり会社に勤めている家族が加入している健保組合の保険に「被扶養者」として加入する)、前年の所得がゼロになったら(リタイアしたら年金受け取るまでは基本的に所得ゼロに)国民健康保険に加入する、が一番オススメ。

ずっと家族の被扶養者ならお金かからないメリットありますが、家族は「わたしが辞めたら親の健康保険も無くなってしまう」と辞めるに辞められなくなるから、あんまりオンブに抱っこもねぇ。。。

ちなみに「前年の所得がゼロ」なら、国民健康保険の保険料は年間3万円程度でした。だけど退職後2年間は前年所得があるので国民健康保険の保険料は年間最大で80万円ぐらいかかることがあります!
この期間を他の手段で何とか節約考えたいものです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職直前の「お役立ち」 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

年金と失業保険は、ふつうな両方受け取れないらしい。裏技の存在ばなし

下記リンク先記事によると、60~65歳の間について、失業給付を受けている期間は年金の受給が停止されるのだとか。
ただ、65歳直前退職して失業給付を受けるのが65歳になってからなら、話は違うという「裏技」
↓↓↓
年金と、失業保険を、両方受け取る裏ワザの記事へのリンク

しかし失業給付を受けるということは、次も勤め先を探しますよ、という意志が無いといけないはず。リタイアの直行したり、個人事業を即開業、あるいはその準備しながら失業保険を受けるのは違反になるはすです。ここは要注意!

また「65歳を超えて退職したら両方もらえて万歳じゃないか!」という選択肢ももちろんありますが・・・
65歳を超えての失業給付金は、端的に言って「額が減る」です。
ご参考の記事は
↓↓↓
65歳前後の失業保険についての記事へのリンク

SponsoredLink

2016年07月06日

円高移行時代は、外貨預金より投資信託がいい理由

2016年、やっと円高に向かう為替傾向になってきました。
過度な円高になれば、かつてのようにまた円安に戻ってくる、為替はそういうものです。なので、機を見てドルやユーロなどの外貨預金をすれば、円高時代に買って、円安になったら売って「為替差益を手にでるチャンスが巡ってくる」そういう様相になってきました。この点だけを考えるとチャンスです。

ところで、銀行では上述のような外貨建ての定期預金を扱っているだろうし、投資信託もやっているところがたくさんあります。どちらで為替メリットを活かすかはお好み次第ですが、投資信託と外国通貨建ての預金とでは、儲かったときの国民健康保険料の保険料に違いが出る可能性があります。

理由は・・・
外貨建ての預金で預けたお金が増える要因は以下の二つです。
1.利息によって増える
2.為替差益によって増える
このうち1.の利息は「特定口座の源泉徴収有り」に手続きしておけば、分離課税が適用できるので、利息から所得税と住民税が天引きされますが、残った利息分の所得は「分離課税扱い」なので国民健康保険料の保険料計算に参入されません。なのでいくら利息での所得が増えても国民健康保険料の保険料は増えません。

しかし2.の為替差益が出た場合は上のように「特定口座の源泉徴収有り」に手続きしておいても分離課税できません。しかも為替差益はけっこうデカイ金額になるでしょう。銀行からは「為替差益で○○円の収入がありました」みたいな書類が手元に届くので、法律に従えばそれを持って確定申告しなければなりません。確定申告せず「どうせ分からないだろう」とタカをくくっていることは脱税です。

確定申告すると為替差益は「雑所得」として扱われるので、もし他の所得(年金や事業、会社の給料など)があると為替差益は所得の純増になり、そのデカイ増額分がダイレクトに国民健康保険料の保険料計算に参入されて、保険料が大きくアップされてしまう可能性があります。

一方、海外の株式や債券、あるいはリートなどを扱う投資信託は、やっぱり為替の影響をモロに受けて基準価格が上がり下がりするから「為替変動が理由となった利益」を得ることができますが、投資信託の場合は「特定口座の源泉徴収有り」に手続きしておけば、たとえ為替由来の儲けが入っていても、配当金と売買による儲けの全てが分離課税の適用になります。

なのでいくら投資信託で儲けても、その儲けから所得税と住民税が天引きされるものの、確定申告しないでもいいので、国民健康保険料が増えてしまうことは防げます(確定申告してしまうと保険料は増えるでしょう)。

なので、この点だけを見れば、投資信託の方が良さそうだ、となりそうです。

ただ、外貨建て預金は為替レートの変化だけに注視して、お目当ての外貨が下がったら買いで、上がったら売りで済みますが・・・
投資信託では為替の他に株式・リート・債券の値上がり値下がり要因がついて回ります。だから為替で得したとしても、別なもので損をしていて、差し引きしたらちょっとも儲からない場合もあり得ます。

円高時代に買う投資信託としては、投信の中でも、安定、安心のスコアが高くて、しかし為替ヘッジの無い、モロに為替の影響を受ける商品を選択したいと思います。

でも私はもうちょっと儲けたいので、豪ドル建てリートの投資信託を買いました。イギリスのユーロ離脱投票でガクッといっぺん損しかけましたが、その後毎日連勝続きなので、今後を期待しています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | いつでも使える「お役立ち」 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作

アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。


大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN